久保田 千陽

Piano / 代表

東京都出身のピアニスト、編曲家、作曲家。

3歳よりクラシックピアノを始める。東京都立芸術高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻卒業。 同時に高校在学時から作編曲を独学で学ぶ。第26回韓国 Euro Arts音楽祭ソリストディプロマ受賞、第7回ショパン国際コンクールinASIA高校生の部関東大会第2位ほかコンクール、オーディションの受賞多数。ピアノを杉本安子、笠間春子、橘高昌男、植田克己、中井恒仁、ラファエル・ゲーラの各氏に師事。

20172月、日本のサントラ音楽を「ジャパン・クラシック」として世界に発信する事をコンセプトとした音楽団体、『Japan Popular Classics Orchestra (通称JPCO) 』を創立。自らも演奏兼プロデューサーとして全国各地で公演を行うなど精力的に活動を展開しており、そのコンサートは各地で毎回ソールドアウトとなる人気ぶりである。また、JPCOメンバーをフィーチャリングし自身のオリジナル楽曲を収録した初ミニアルバム、”Begin~始まりの予感~”をMY STAGE MUSIC. Co.,Ltd.よりリリース、TSUTAYA TOKYO ROPPONGIでインストアライブを行う。

現在は音楽を通した地方創生プロジェクトにも積極的に取り組んでおり、20182月より三重県四日市市の重要有形文化財である伝七邸から文化芸術・地域情報を発信するインターネットTV番組、『伝七ステーション』のメインパーソナリティーを務める他、東海ラジオAM1332kHzに出演するなど、メディアでも多方面に活躍している。

株式会社センヨーミュージックマネジメント代表取締役。

Loading Images