社本 名央

Violoncello

宮城県出身のチェリスト。

桐朋女子高等学校音楽科卒業。第8回泉の森ジュニアチェロコンクール銀賞、第6回中新田バッハコンクール第1位。
2010年に渡仏、パリ市立音楽院にてディプロム取得。2013年よりスイスに渡りローザンヌ高等音楽院シオン校を首席で卒業。学士号取得、卒業時に勲章、奨学金を受賞。

仙台フィルハーモニー、スイス・ビエンヌ交響楽団アカデミーオーケストラ、アルジェリア交響楽団とソリストとしてコンチェルトを共演。

在学中に弦楽四重奏Sion Quartetを結成し室内楽をG.Takacs,P. Vernikovに師事。Swiss Chamber Academyに選出され、2015,2016年共に最優秀賞を受賞、スイス国営ラジオ(RTS) に出演。
元アルバン・ベルグ弦楽四重奏団のHatto Beyerle氏、ハーゲン弦楽四重奏団のR.Schmidt氏、アルディッティ弦楽四重奏団 のマスタークラスを受講。Hatto Bayerle 氏の推薦によりECMA主催オーストリアK&Kフェスティバルにゲスト出演。

2018年ジュネーブ高等音楽院修士を卒業し修士号を取得、Young Euracian Soloist Orchestra、スイス•ビエンヌ交響楽団のアカデミー生を経て、現在 フランス・アヴィニョン管弦楽団に入団、チェロ奏者を務める。ソロ、室内楽、オーケストラ多方面に活動中。

これまでに間瀬利雄、金木博幸、倉田澄子、R.Pidoux,X.Phillips, F.Guyeの各氏に師事。
P.Muller、石坂団十郎、M.Coppey 、J.Pernoo、E.Dindo 、Troels Svane、 W.E.Schmidt 各氏のマスタークラスを受講。

Loading Images